« 現状維持か未来への希望か | トップページ | 勝負は下駄を履くまで… »

2009年8月21日 (金)

言論の萎縮

20日のニュースステーションには公明党の太田代表と共産党の志位委員長が出演

公明党の太田代表には古舘と星が恐る恐る腫れ物にでも触るかのような対応

結果、太田氏が一方的にまくし立てることになった


アフガニスタンでは大統領選挙をタリバンがテロで妨害していると伝えられる

さすがに日本ではそこまでの暴挙は行われていないが

背後の組織などに影響を受けて言論が萎縮するのだとすれば、それは健全な民主主義国家とは言えないだろう

|

« 現状維持か未来への希望か | トップページ | 勝負は下駄を履くまで… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言論の萎縮:

« 現状維持か未来への希望か | トップページ | 勝負は下駄を履くまで… »