« 自民は論外 | トップページ | 国策捜査は国民が裁く »

2009年8月 2日 (日)

自民党の国民をナメたマニフェスト

自民党のマニフェストを読んだ
これは補正予算案のときにも感じたが、国民に読んでもらおうとは考えていないと思われる
全部読んで、結局何がやりたいのか良くわからない

良くわからないから批判もできない
具体策も明示されてないから突っ込めない

そして口先の詭弁でごまかす

全くいつものパターンだ

それにしても、もう少しまともなマニフェストを出してくるのかと思っていたから意表をつかれた

あれでは、政権政党の自民党に最後のチャンスを与えようと考えている人たちの期待を完全に裏切るものだ

ジミン応援団の読売ですら褒めるのに苦労している有様だ


ジミンが民主党のネガティブキャンペーンを行うのが良くわかった

ふるさとである地方を壊滅し、日本人の持っていた美徳を破壊した小泉政権以降の自民党は保守政党を名乗る資格は無いし

官僚に政策を丸投げしてきたツケで政策立案能力は劣化し、しがらみに縛られて思い切った改革などできない

悪口を言うしか他に戦う手段がないのだ

そして、最も末期的なのは人材がいないことだ

自民党は下野しても最強の野党にはなれないと思う
求心力のある人物がいないので分裂して雲散霧消してしまうのではないか

|

« 自民は論外 | トップページ | 国策捜査は国民が裁く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党の国民をナメたマニフェスト:

« 自民は論外 | トップページ | 国策捜査は国民が裁く »